語学力をTOEICでチェック。これからの英会話はコミュニケーション能力が必要!

語学留学や海外で語学研修を希望するということは、それが目的ではなく目的を達成するためのひとつの手段なのです。

企業語学研修が盛んに

日本でも、国内だけで生産から消費までをおこなっていては、マーケットが狭く、海外へ進出しようと願っている企業も少なくありません。

生産ラインだけを、海外でおこなう、国内で生産した物を海外へ輸出するといったことなど、色々な海外進出をおこなう企業にとって重要視しているのは、企業語学研修ではないでしょうか。

相手国が英語圏ではなくとも、公用語となっている英語で会話して商談などをまとめることも少なくありません。

ですが、日本人は英会話が苦手な人が多く、海外の企業と商談をまとめるような語学力を持つ人は少ないといえます。

そのために、企業では自社の社員に対して企業語学研修をおこなっているところが多くなってきたのです。

この語学研修は色々なパターンがあり、海外赴任が決まった人や、今後海外で活躍したいといった希望者に対して、企業の目的別にカリキュラムが組まれていることが多いようです。

通常業務を行いながら国内で語学研修を終わらせてしまうものから、ある一定時間を国内でおこなってから語学留学を一定期間もうけるといった企業などもあります。

海外赴任が決まった人にとっては、この企業語学研修は重要で実際に海外で日本語以外の言葉で商談をおこなったり、現地のスタッフに指示をだしたりする必要がありますから、プレッシャーも大きいのではないでしょうか。